障がい者雇用

障がい者雇用

過去に書いた合理的配慮の要望

就労移行支援を利用する中で就労パスポートの作成が推進されています。私自身、就労パスポートを書いたことがありませんが、合理的配慮として企業に提出していた過去があります。私が書いた合理的配慮が皆様の参考にでもなれば嬉しいと思い、公開します。
メンタルヘルス

頭に漠然とある思慮をアウトプットする方法

障がい者雇用に際に入社時配慮事項を書くケースがあると思います。私の経験からどのようにできないことをピックアップしたのかを記事にしてみました。就労移行支援に通所し、就活を頑張っている方に読んでほしい記事内容となっております。読みやすい文体で記述しています。
障がい者雇用

障がい者雇用の未来はどうなるの?

障がい者雇用を取り巻く環境を懸念しています。どのような経緯があり、障がい者雇用の求人が減ったのかを時系列で解説しています。そしてこれからの働き方、未来を自身の所感ではありますが述べています。障がいになっても何も諦めたくないです。
双極性障害

双極性障害で働く(後編_特例子会社編)

3篇に渡る障がい者雇用経験談の特例子会社編です。特例子会社ならではの難しさを自身の経験談としてアウトプットします。障がいを抱えると働き方の選択肢が狭まる感覚を持っていました。しかし、仕事はたくさんあるものです。自分らしい仕事ができることを目指します。
双極性障害

双極性障害で働く(中編_オープン就労)

障がい者手帳を取得し、自身の障がいをオープンにした体験談を書いています。双極性障害はとても難しい病です。ただ、全てを諦める選択だけはしたくありません。社会保障制度と仕事をバランスよく取り入れ、あらゆる方にチャンスがある世の中であってほしいです。
メンタルヘルス

メンタルの不調を抱えて働いてきたこと(後編)

オープン就労を10年やってきました。精神障がいになり、働くということは想像以上に難しいことです。一番難しいことは、自身の病識を理解することだと思います。そして、障がいを受け入れることだと思います。現在の障がい者雇用での価値は法定雇用率の順守のため、企業が努力していることです。今回は後編です。
メンタルヘルス

メンタルの不調を抱えて働いてきたこと(中編)

精神障がいになり、働くということは想像以上に難しいことです。一番難しいことは、自身の病識を理解することだと思います。そして、障がいを受け入れることだと思います。現在の障がい者雇用での価値は法定雇用率の順守のため、企業が努力していることです。今回は中編です。
メンタルヘルス

双極性障害になって知っておきたいこと!

双極性障害になり、最初はとても困惑しました。双極性障害を紐解く作業はとても難しいものです。私が経験したことから、皆様に対して少しでも参考になるような記事を書ければと思い、記事を作成しました。
障がい者雇用

働きやすい障がい者雇用

働き方改革が障がい者雇用にも必要だと思っています。働く中で物理的な環境、ケアをしてもらいやすい環境と人に寄って求める必要配慮事項は異なると思います。私が考え、実際に経験してきた中でおすすめする就労方法を記事にしました。
障がい者雇用

障がい者雇用の面接対策

精神障がい者雇用の面接方法の対策が周知されていないと感じています。特例子会社に入社する時に書類選考、一次面接、最終面接と通過できたノウハウを記載しました。私の経験に基づいた対策方法です。参考になれば幸いです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました