簡単に解説!傷病手当金を受給される方へ

傷病手当金

どのくらいの額が支給されるの?

メンタルの不調が続き、働くことができなくなってしまうことがありました。社会保障制度で傷病手当金という制度があります。概算ですが月給の2/3程の支給がされます。

 

月給18万円で交通費が2万円です。交通費は含まれますか?

テイク

 

はい、含まれます。20万円の月額報酬なので13万円程支給されます。

どのように申請すればいいですか?

先ずは、傷病手当金の診断書用紙を手に入れましょう。私の場合は社内イントラに申請用紙があったので、ダウンロードして使いました。会社の総務部門が保持している場合もあります。会社へ連絡をすることが精神的にきつい時は、保険者(保険証に記載されている機関)に連絡をすると対応してくれます。

用紙を手に入れることができたら、病院に提出をして、用紙に記載してもらいます。医療機関で交付される診断書は自費項目が多いですが、傷病手当金診断書に関しては保険適応となり、安価で発行してもらうことができます。

その診断書を会社、又は保険者に提出することで請求することができます。

どのくらい待てば支給されるますか?

これに関しては会社、保険者によってバラバラだと感じました。リワークデイケアに通所していた時に、対応が早い企業は2か月かからないで支給されていました。私は3か月以上の間支給されなかったです。あまりにも対応が遅いようでしたら、保険者に催促をすることをお勧めします。
(3か月以上、無収入は精神衛生上良くありません。)

どのくらいの期間受給できるますか?

傷病手当金を受給できる期間は起算日から1年6か月の間に受給することができます。この期間に退職をすることになっても受給することが可能です。

退職をすると失業保険給付を受給することができますが、傷病手当金と併給することはできません。失業保険給付は就労することが可能な健康状態と意欲があることが前提だからです。

ただ、ここで大切なことがあります。離職票を会社から受け取ったら、現在の状況をハローワークに話をしておくことが大切です。傷病手当を受給している状態だと、仕事をすることはできないです。しかし、回復して、就労能力が戻ることができれば、失業保険給付の基本手当を受給する対象となります。

状態が良くなると、主治医から就労許可が可能という診断書を記載してもらい、失業保険給付を受給することが可能となります。

傷病手当金の対象者まとめ

  • 業務外の病気やケガで療養中であることです。
  • 療養のための労務不能であることです。
  • 4日以上仕事を休んでいることです。
  • 給与の支払いがないこと。

簡単な解説の為、もっと詳しく聞きたい方がいらっしゃいましたら、お問い合わせまでご気軽に連絡願います!

 

 

タイトルとURLをコピーしました