休業手当を簡単に解説します!

休業手当とは?

休業手当は労働基準法に則り、記述された法律です。前提として、労働基準法というのは企業に対しての努力義務、訓示的規定が多い法律です。

 

(休業手当)

第二十六条 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。

と記載されていても分かりにくいですよね。休業手当を支給するにあたり、労使間での話し合いが大切であるというのが厚労省での見解です。

 ①「使用者の責めに帰すべき事由」有り→休業手当の支払い必要

 ②「使用者の責めに帰すべき事由」無し→休業手当の支払い不要

①に関しては親工場の経営難による下請工場が資材、資金が獲得できない場合や新卒採用者の就労時期を繰り下げ、自宅待機にするケースです。

②に関しては天災事変等の不可抗力による休業や休電による休業です。

コロナウイルスによる休業手当はどのように解釈されるのか曖昧です。厚労省の回答を見ても”原則として”という記述が多いので、労使間での話し合いが大切になります。

どのくらいの給付をもらうことができるの?

平均賃金の60/100以上の手当てを支払わなければならないです。

 

10万円なら6万円もらうことができるのですか?

テイク

その場合、6万円は最低の保証額になります。

100%の給付でも問題ありません!

 

現状は60%の給付が多いのが現状です。

60%給付での生活を想像する

過去にメンタルを壊してしまい、傷病手当を使い、平均賃金の66%で生活をしていたことがあります。金銭的に厳しい部分もありますが、所得が大幅に減ることは精神衛生上良くありません。不安感を拭うことは難しいです。

ウイルスに感染しないよう心掛けている方が多い中、今の生活にストレスを感じていらっしゃる方も多いと思います。

社会保障制度は誰かが教えてくれるという感覚ではなく、自ら探し出すことが大切だと感じています。

 

タイトルとURLをコピーしました