天候不順による体調不良

雨

最近の寒暖差や雨

メンタル疾患を抱えている中で、どうしても理由が分からないスランプというのがあります。寒暖差、気圧変化で苦しむケースです。体調不良になる決定的な医学的エビデンスがありませんが、私と同じような方も多いと感じます。

今日の症状として頭が重たい、倦怠感がある状態です。頓服薬でデパスを服薬し、緩和しましたが、自身にしか感じることができない重力、鎖に繋がれているような感じを払拭することができません。

副交感神経を高める

自律神経というものは交感神経と副交感神経で形成されています。交感神経は緊張している、興奮している、ストレスがかかっている時に働く神経です。副交感神経はリラックス、休憩している時に働く神経です。(タバコを吸ってリラックスしている場合は交感神経を使っています。)

お風呂

お風呂

 

お風呂にゆっくりと入ることは副交感神経優位にさせることに効果的です。私が天候による体調不良になったときにはお風呂に入り、メンタルを整えます。ただ、双極性障害でうつが酷くて、お風呂に入ることができない状態の方も多数いることを知りました。

ストレッチ

ストレッチ

 

運動の中でもストレッチは副交感神経に貢献してくれます。しっかりと呼吸をして「イタ気持ちいい」という感覚を得ることは大切です。もう一つ良い部分があると個人的に思っています。引きこもりがちな生活が多い中、家の中で「運動をした!」という事実は、何もできない状態の罪悪感を緩和してくれます。私は状態が悪い時に運動したら「頑張ったな」と褒めます。

睡眠

睡眠

 

どんな薬よりも、質の良い睡眠が効果的になる場合が多いです。私はロックが好きですが、寝るときはリラックス系の音楽を聴いて寝るようにしています。

 

梅雨も近づき、メンタル疾患を抱えている当事者として、厳しい時期が近づいてきます。人生をかけての課題である、メンタルコンディションを保ち、お仕事頑張っていきたいと思います。

記事をご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました