双極性障害になって知っておきたいこと!

今年でNAVERまとめのサービスが終了します。今まで作成してきた双極性障害に関しての記事を移行していきます。

知っておきたい制度

自立支援医療制度

自立支援受給者証

 

自立支援医療制度は、公費負担医療のひとつで精神疾患の治療の為、通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対して医療費の自己負担を軽減します。

一般人であれば公的医療保険で3割の医療費を負担しているところを1割に軽減します。1割の負担が過大なものとならないよう、病院窓口、調剤薬局での1 か月当たりの負担には上限を設けています。

(例)<1月に上限金額が5000円で設定されている場合>

例えば上限金額が5000円の場合、病院での窓口負担額と薬局での支払いが1月に5001円以上は支払うことはありません。(内科等の疾患で関連性のない場合は受給者証の適応にはなりません。

精神障害者保健福祉手帳

障害者手帳

 

精神障害者手帳を取得すると税金の控除や、福祉サービスの利用、公共料金の減免等、様々な社会的優遇を受けることができます。私の地域では、手帳を保持することで市営ジムが無料というサービスがあります。各々の自治体により、サービス内容が異なります。

手帳を取得することにより障害者求人に応募することができます。障害者法定雇用率2.3%の達成と国からの助成金を取得する企業側の観点から、障害者手帳なしでの障害者雇用は難しい現状です。

居住地の福祉事務所(役所・役場の担当窓口)で申請を行います。地域によっては保健所や保健福祉センターが窓口になっています。個人的に障害者手帳を保持して、デメリットを感じたことはありません。

障害年金

年金受給者証

 

障害年金は大きく分けて障害基礎年金、障害厚生年金があります。例えば障害基礎年金は自営業の方、障害厚生年金は会社勤めの方ならイメージしやすいと思います。

国民年金に加入している間に初診日のある病気やケガで、法令により定められた障害等級表(1級・2級)による障害の状態にある間は障害基礎年金が支給されます。

厚生年金に加入している間に初診日のある病気やケガで障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になったときは、障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。

障害基礎年金と違い、障害の状態が2級に該当しない程度の障害のときは3級の障害厚生年金が支給されます。私が受給している障害年金はこれに該当します。

遡及請求と言い、過去5年まで遡って年金を取得することも可能です。

居場所の作り方

自助会への参加

仲間と会話

 

同病者とリアルで会話、悩みの相談、友人が作れるコミュニティが存在します。私はこのコミュニティで、同じ境遇にある仲間を沢山作ることができました。孤独感が減り、自分だけではないという感覚が芽生えました。

孤立した生活になりがちですが、このようなコミュニティに参加することも社会参加の一つだと感じています。

精神科デイケア

デイケア

 

精神科デイケアとは、精神科病院やメンタルクリニックで行われている外来治療のひとつになります。精神科デイケアに定期的に参加するようになると、同じ時間帯に同じ場所に行かなくてはいけませんので、生活リズムが安定するようになります。

精神科デイケアは、患者さんに居場所を提供することで、「自分はここに居ていいのだ」「苦しいのは自分だけではないんだ」という安心感を与えてくれます。

仕事してみたいと思ったら

障害者就労・生活支援センター

障害者就労・生活支援センター

 

障害のある方の職業的自立を実現するため、身近な地域で就職面の支援と生活面の支援を一体的に行うことを目的としています。障害のある方の就業及びそれに伴う生活に関する指導・助言・職業準備訓練を行っています。

お住まいの役所に問い合わせるのが、手間なく行動しやすいと思います。

就労移行支援事業所

就労移行支援
働くことへ障害のある方に、仕事をする上で必要なスキル等を身につける職業訓練のほか、面接対策などを通して就職活動をサポートします。
役所やハローワーク、病院等の関連機関と連携しながら、個々の適性に合った就職を目指します。就職後には職場への定着支援もあるため、仕事が長続きしにくい方にも安心してご利用いただけます。

ゆったり仕事してみたいと思ったら

就労継続支援A型

就労継続支援A型

 

企業等に就労することが困難な障害のある方に対して、雇用契約に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行います。

サービスを通じて一般就労に必要な知識や能力が高まった方は、最終的には一般就労への移行をめざします。サービス利用者には各都道府県が定める最低賃金以上が支払われます。

就労継続支援B型

就労継続支援B型

 

障害により企業などに就職する事が困難な方に対し、雇用契約を結ばずに働く場所を提供します。A型と比較して短時間労働が多く賃金等が低い場合が多いです。時給100円未満で工賃が発生するケースもあります。

A型事業とB型事業の主たる違いは雇用契約の有無、つまり事業者と利用者の雇用関係が成立しているかいないかという点です。

本格的に働きたいと思ったら

障がい者雇用

障害者雇用

 

オープン就労ともいい、自分の障がいを提示した働き方です。障害者手帳を提示する場合がほとんどです。通院であったり、病欠も一般企業に比べて配慮がある部分もあります。

各都道府県によって異なりますが、年に1,2回、障害者を対象とした合同面接会があります。ハローワークにて障害者求人に登録しておくと面接会の通知が来ます。

特例子会社

特例子会社

 

障がい者の雇用を促進し、安定させるために、事業主が特別に配慮した会社が特例子会社です。特例子会社とは障害者雇用促進法上で、「特例」なだけであって、それ以外は「普通」の会社です。

特例子会社は「営利法人」であり、株式会社あるいは有限会社のどちらかの形態になります。総務や経理などの事務関連、ホームページの制作、メール便、名刺など社内印刷物の作成など、その業務は多岐にわたります。

在宅ワーク

在宅ワーク

 

ネット環境が優れてきた昨今、自宅で仕事をすることができます。双極性障害は自身のペースを守り、仕事をしていくことで体調が安定すると感じます。

始まったばかりの仕事スタイルですが、「できるときにはしっかりとやる、体調が崩れる傾向がある時はセーブする」のように自身の裁量で進めることができるので、私は在宅ワークにチャレンジしています。

「何が正しい」というものは無いと思います。自分が双極性障害と共存することができる働き方を見つけることができたら素晴らしいことだと思います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました