うつ病ではない!双極性障害(躁鬱病)とは?

近年、双極性障害が周知されてきました。私は病歴が16年目に突入します。NAVERまとめに書いた記事を当ブログに移行します。

双極性障害とは?

波

双極性障害は躁うつ病と呼ばれていた病気に相当します。厚生労働省によると、日本人の双極性障害の生涯有病率はⅠ型とⅡ型を合わせて0.7 %です。(体感的にはもう少し罹患している方がいる気がします。)

元気が出すぎる躁病の時期と、 意気消沈するうつ病の時期が交互に発症するという特異な病気です。うつ病相のみの場合は、その2~3割が経過を追うと双極性に転じます。双極とは「2つの極」という意味で、双極性障害は躁病の極とうつ病の極の両方をもつ気分障害という意味です。

躁状態

うさぎ,幸せ

気分が良すぎたり、ハイになったり、興奮したり、調子が上がりすぎたり、時には怒りっぽく不機嫌になったりして、他人から普段のあなたとは違うと思われてしまう状態です。私の場合はとても怒りやすくなり、体重が減少する傾向があります。

その他の特徴を列挙します。

  • 自分が偉くなったように感じる
  • いつもよりおしゃべりになる(多弁)
  • 色々な考えが次々と頭に浮かぶ
  • 活動性が高まり、ひどくなると全くじっとしていられなくなる(多動)
  • 自分が楽しいことに過度に熱中してしまう(散財、性的逸脱行為、ばかげた投資等)

うつ状態

悩む,女性

意欲が無くなり、生活している中で理由なく、気分が沈んでしまいます。以前、うつは心の風邪という表現でした。私は脳内ホルモンのバランスが崩れてしまっている状態という表現が適切だと思っています。再発率の高い疾患だと思います。

その他特徴を列挙します。

  • 抑うつ気分、興味、喜びの著しい減退
  • 著しい体重減少、あるいは体重増加、または、食欲の減退または増加
  • 死についての反復思考、計画はないが反復的な自殺念慮、または自殺企図(希死念慮)
  • 不眠または睡眠過剰
  • 疲労感、意欲、思考力や集中力の減退

双極性障害の分類

仕分け

 

双極性障害Ⅰ型

典型的な躁状態とうつ状態を交互に繰り返す病気で、再発を繰り返すのも特徴です。仕事や暮らしに大きな支障が出たり、良好な人間関係が保てなくなって、入院が必要となることもあります。Ⅰ型の友人を見ると、メンタルの推移がとても大変そうだと感じます。

双極性障害Ⅱ型

軽躁状態とうつ病を繰り返す病気で、入院するほどではないが、実生活や人間関係に支障が出ます。私はⅡ型という診断を受けています。基本的には低めのメンタル推移で、軽躁と呼ばれる状態になります。躁状態は過去に2回あります。

躁状態のとき、本人は「調子がよい」と感じているため、自身の状態に気づかずに見過ごしたり、またうつ状態で受診すると、単なるうつ病と診断されてしまうケースもあります。

気分循環性障害

Ⅱ型よりもさらに軽い躁状態と軽いうつ状態の症状が2年以上続き、しかもそうした症状が2カ月以内には必ず起きている場合にこの病名がつけられます。双極性障害の疑いのあるメンタルの波形を描きます。

注意するべき症状

うつ状態の妄想

うつ,妄想

 

うつ状態もひどくなると、妄想が出てくることがあります。何かが聞こえる、見えるという統合失調症の症状ではなく、「貧困妄想」「心気妄想」「罪業妄想」という妄想が生じます。必要以上に心配してしまうのが特徴です。

躁にもうつにも起こる昏迷状態

手,動かない

 

昏迷状態というのは、しゃべることができなくなって、身体が硬直してしまう症状です。これは、躁でもうつでも状態が悪いと生じるケースがあります。私は一度、軽躁の時に経験をしたことがあります。思慮しているシグナルを動作に反映することができなく、驚きました。

混合状態

色,合わせる

 

躁状態とうつ状態の両方の症状が顕著な場合の症状です。当人は躁なのかうつなのか把握できず、つらい感覚です。また、躁状態からうつ状態へ、あるいはうつ状態から躁状態へ変わるときに、「混合状態」と呼ばれる状態が出ることもあります。この状態が一番、患者が自死する可能性が高い状態です。

 

治療に使われる薬は?

薬

気分安定薬

双極性障害の治療の中心となるお薬です。躁やうつなどの気分の波を小さく、安定させるために使うお薬で、再発予防にも効果があります。

向精神病薬

「躁」のいらいらをしずめ、気持ちを穏やかにする作用や、睡眠を助ける働きがあるものもあります。特に新しい世代の抗精神病薬は、海外では再発予防効果や抗うつ効果があるとの報告もあり、欧米では双極性障害のお薬として認められています。

抗うつ薬

単極性うつ病で用いる抗うつ薬は、双極性障害の場合、「うつ」の症状から「躁」の症状へと躁転させる可能性もあるため、基本的に用いません。重症の「うつ」がある場合は、気分安定薬と抗うつ薬を併用することがあります。

睡眠薬

不眠(入眠困難、中途覚醒)がある場合に用います。寝つきが悪い、朝早く目が覚めるなどの症状に合わせて、それに合ったお薬を使います。

 

処方された薬を同病者からのアドバイスや自己流で服薬することは避けましょう。医学的根拠に則した治療をすることを心掛けたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました