精神疾患があっても頑張って生きている友人の記事です

たんぽぽの綿毛のよう

たんぽぽ

精神疾患になって思うように働けず、悩んでいる人は多いと思います。

かくいう私もそのひとりです。

私は双極性障害になり、仕事が続かず、正社員として就職して半年ですが、先日一ヵ月の休職が決まったばかりです。

双極性障害になると、本当に気持ちが安定しないんですよね。というか、人間関係と仕事量に問題がなければ続けていると思うのですが、ひとたびその二点に問題が生じますと、ひとひねりというか、ひとたまりもないというか・・・。

お豆腐メンタルを超えて、たんぽぽの綿毛のようなものです。(そよそよ。)

後ろ盾の何もない状態

犬,疲労

正直、私は今の仕事も前の仕事もずっと同じ職種ばかり選んできまして。向いていないなぁという思いはあったものの、職種を変えるなんて怖い。何も知らない世界とか飛び込めないし。(ぷるぷる)という思いからか、責任も重く人間関係もきつい今の職種にしがみついてきたわけです。

離婚も経験し、実家暮らしもあきらめ、後ろ盾の何もない状態で今、このタイミングでの休職。

正直、頭の中はぐるぐるぐるぐる・・・

どうしたら良いんだ・・・と

今までの私の悪い癖としてすべてを放り投げてしまいたい病が出てきそうです。

が、そんなことをするわけにはいかないんです。

今までの人生、ほとんど何も成し遂げられていないんです。まだ30代前半です。今、あきらめたら終わってしまいます。

そこで、この記事を書こうと!と思い立ったわけです。ブロガーさんが大好きで、色んなブロガーさんの記事を今までたくさん読んできました。精神疾患のあるブロガーさんの記事を読んで、何度勇気をもらったかわかりません。

読むだけで救われる部分も多いです。ですが、やはりそこは人間。生産的なことがしなければ生きている実感は持てないです。

読むだけではなく、わたしも書こう

記事を書く

読むだけではなく、わたしも書こうとずっと思ってきたことではありますが、何故なのか書くことができずに今まできてしまいました。

わたし自身、いまこのような状況になってしまい、どうしていくべきなのか道筋が見えないです。ただ、今強く思うのは、自分のペースでできる仕事をしていきたいと気持ちです。

わたしの現職は、自分のペースは皆無の仕事です。それでいて責任は重く、人間関係が密でけっこうなストレスがかかります。

わたしにはこの仕事しかできない・・・。

こんな思いを払拭したい。目指すところを書いても良いのであれば、ライティングで仕事ができたらなぁという気持ちがあります。

実績もなければコネもないアラサーですが、できるところまで頑張る所存であります。

©2020 ばなな

 

タイトルとURLをコピーしました