今年の目標は達成できたのか??

筑波山

皆様、こんにちは^^

寒暖差による体調変化はありませんか?私は環境変化での疲労がきて、激しい睡眠障害に悩み、なかなか浮上することができませんでした。

病歴17年になりますが、睡眠障害と鬱状態は何度経験しても苦痛であり、慣れるという感覚はありません。今回は「認知」していることを大切に行動しました。双極性障害という診断はありますが、感覚過敏、発達障害特性を自覚しています。

焦らないこと、誰かの変化を望むより、自身の認知を変えることの方がラクであるということを考えて、安定を取り戻すことができました。

握手,交渉

今回の記事では、今年掲げた目標がどの程度達成できたのかを発表していきたいと思います。

今年掲げた目標

目標① 目標②

こんなに欲張って8個も目標を作っていました笑

各々振り返っていきたいと思います。

月二回の通院を大切にする

病院

様々な薬を服用してきました。ただ、処方が多めの先生に通院してきた関係性で、邪魔な薬も多かったと感じています。その中で減薬できたものについて述べたいと思います。依存しやすいデパスを取り除くことができました。これは大きいと感じます。苦しくなったら直ぐにデパスを口にする習慣ができていました。

また、抗うつ薬であるサインバルタを取り除くことができました!今の生活になってから、うつ状態に転じる機会が減り、リーマス、セロクエルを中心とした処方で過ごすことができています。

公営住宅の応募を継続する

洋間2

2回目で無事に当選することができました。家賃や環境を含めて、とても満足している物件です。障がいになった時に、働き方、社会保障制度のアナウンスは経験された方が発信していますが、公営住宅の恩恵について無知すぎました。下記URLにどのような環境で住むことができるかの記事を貼っておきます。

公営住宅は本当に安いだけなのでしょうか?
公営住宅に住む中でイメージしていたよりも綺麗で安くすむことができることを知りました。様々な事情で障がいになり、所得が少なくなり、居住に困っている方へ参考になれば幸いです。この記事では実際の住んでいる環境の写真を掲載しました。

在宅で4,5時間働く

パソコン,仕事

昨年はフリーランスで働き方の模索をしていました。その中で月収のムラが激しいなと感じました。仕事が順調にある時、体調が良い時はフリーランスで構わないと思います。しかし、気分障がいであることはリズムの形成に時間を要します。

月額、自身の目標がにはやや欠けるも、納得できる範囲で働ける在宅型の就労継続支援A型に在籍することになりました。今はこの決断こそが今年一番のファインプレーだと感じています。

転居がここまで順調に行くという考えが無かったもので、継続性の維持、時間的な余裕を鑑みると丁度良かったと感じます。

ジム、ロードバイクで疲労を作る

自転車大会

これに関しては0点です、、

運動に対する意識が時節柄、薄れてしまった事実は残念です。ただ、これは言い訳だと思います。ステージ3の癌だった友人が自転車に乗っている事実、努力を見習うべきです。全く運動をしていないわけではないですが、昔のように取り組む姿勢を来年は培います。運動することは大切だとリワークデイケアで学びました。

自炊をしたい。掃除もする

料理

この項目は上手くできていると感じます。外食することが減り、節約できていることも良い結果に結びついていると感じます。掃除に関しては昔の就Aでハウスクリーニングを経験してか、専門的な観点で遂行することができていると感じます。

PCスキルアップ、社労士の勉強をする

パソコン

ケースバイケースで捉えていた項目です。今は社労士の学習をするより、PCスキルの向上を目指して学習しています。Jw_cadという図面の勉強をしています。次の仕事をするときに、これを利用する可能性が高いと感じています。お世話になっていた方にやってみないかという声がかかったのと、自分のために勉強してみたと思えた分野の学習です。

家族、趣味友、同病者を大切にする

デイケア

これも大切にすることができたと感じます。なかなか会う頻度は減ってしまいますが、心で繋がっているという感覚は強いです。僕にとって個々の分野で関わる方々は大切な存在です。ずっと関係性を大切にしていきたいと感じます。

音楽、運動を大切にし、心を豊かにする

コンサート

過去5年間で1番音楽を聴いたと感じます。10代の多感な時期、20代の恋愛と様々な記憶が蘇るのが音楽だと感じます。音を聴いて涙するとか久しぶりに体感しました。音楽っていいなと改めて感じることができました。自転車は来年大会があるので、友人たちに迷惑かけないよう特訓します^^

総括

猫

今年は40歳になり、節目となる1年でした。達成できなかったことは多々ありますが、かなり頑張ることができた1年だったのではないかと感じます。

僕は頭が良いタイプではなく、頭の中で想像して自身の指針を見出せるタイプではありません。自分の体で学び、傷つき、その中での学びがあるタイプです。僕が30歳の時、何をしたら良いか、正しいのかを導くことができませんでした。経験論でしか物事を語ることができませんが、今後もこのスタンスを変えることはないです。その中で一部でも読者さんの参考になればとてもハッピーです!

タイトルとURLをコピーしました